スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押してくれると喜びます♪


ロミオとロミオは永遠に 

実は夏休み入る前に読み終わってました。。。


最近、ここの更新怠ってるなぁ。。 
真面目に記録しないと、また何もってるか分からなくなっちゃう。


さて、私の大好きな恩田陸さんの本です。


学園モノ。いいですよ。
ドキドキワクワクです。


私が初めて読んだ恩田陸さんの本は「六番目の小夜子だったのだけど、どっぷりはまったのは、「上と外って話。
そして今回のは、その「上と外にちょっと通じるものがあるような。ないような。


思い出したんだから、きっとちょっとは通じるものがあるはず。
上と外が好きな人はぜひ読むべし。


最後ちょっと救いがないような気もするけど、それはそれ。
自分がその立場でも、そうしちゃう気がするしね~。ある意味リアルかも。


スポンサーサイト
押してくれると喜びます♪


ねじの回転 

所有本の中から一冊紹介。


恩田陸さんの本、集めてます。
貧乏なので文庫本だけだけど。


この話、SFです。そしてちょっと歴史物?
SFも歴史も好きな人だったらドンピシャです。
私はSF好きなので、半分ヒット。


「時間遡行装置」というもので、「二・二六事件」に介入して、歴史をいいように操る話。


歴史をトレースしながら、都合の悪いところだけ、ちょこっと改変しちゃったりするのです。
そして、トレース失敗したらもう一度やりなおし。とかね。


あっという間に話に引きずり込まれて、どんどんどんどん読み進み、最後に「ほぅっ」と息をつく感じ。
ああいう終わり方って、よくあるパターンな気もするけど、けっこう好き。


 


私は、二・二六事件はあまり(というか名前くらいしか)知らなかったので、二・二六事件に詳しい人はもっと楽しめるのかなぁ?と思ったり。


なので、二・二六事件をちょっと学んでから、もう一度読んでみたい本ではあります。


 


でも、二・二六事件知らなくても、面白いのは間違いないです!
そして、多分SF好きじゃなくても、この話は大丈夫なんじゃないかなぁ。


押してくれると喜びます♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。