スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押してくれると喜びます♪


嫌われ松子の一生 

会社の先輩にかりました。


「なんか暗い話だった」という感想とともに貸してもらいました。
なんでそんな本を貸してくれるんだろう?という疑問をかかえたまま、貸してくれるって言うし、映画化されてるし、借りてみるか。ってくらいの気持ちで借りました。
本屋でずーっと平積みされてて気にはなるものの、絶対買わないだろうという予感もあったし。


感想としては、
面白くないこともない。ような気もする。
途中で読めなくなるってこともないし。


一部では、前向きな女の人の話みたいなこともいわれてるみたいですが、そんな話ではありません。


やってることにポリシーのない女の人が、いけてない男の人と接触するたびに泥沼にはまる。というようなお話かな。。。


最初に殺されたところから始まる時点で救いのない話なのは目に見えてるんですが、その殺され方も、ほんと救いがないなぁ。って感じ。


まぁ、あえて救いがない話にしてるんだろうけど。。


自分もたいしたポリシー持って生きてるわけでもないし、恋愛になると頭の中そればっかりになる方なので、他人事じゃないかも。って、ちょっと思わせられてしまうのが悲しい。
だからって、誰でも松子みたいな人生を歩む可能性があるのか?っていわれると、それはちょっと違う気もするけど。。。


松子を反面教師に、ちょっと生き方を考えてみるには良い本かもしれません。


が、松子の一生を読んで、「あれよりはマシ」とか思っちゃったらやばいかもね。


スポンサーサイト
押してくれると喜びます♪


コメント

うちも思い当たるので、ちょっと詠んでみたくなったよ@@

映画見に行こうかって話もでたけど、映画で見るほどなんだろーかねぇ??

映画はどうなんだろう。
どこをどうやったらおもしろい映画になるのかわからないけど、きっとアレンジしてあると思うので映画みるなら先に映画をみるべきか!?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chons.blog68.fc2.com/tb.php/22-993827d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。